いくら醤・甘えび糀づけ・数の子山海

HOME   >  加工食品   >   蔵元 山田屋  >  いくら醤・甘えび糀づけ・数の子山海
いくら醤・甘えび糀づけ・数の子山海
商品の詳細
日本海の幸をぎゅっと詰め込んだ美味しきものたちばかり・・
「いくら醤」●     240グラムビン詰め
季節限定のできたて人気の商品です。 味噌・醤油の蔵元山田屋だから、おいしい「いくら醤」ができるのです。なぜって?漬け込み醤油が特製であることは言うまでもなく、香りにはどこまでも敏感。そして、いい鮭の卵との出会いで、おいしいいくらの醤油漬ができました
お待ちかね!
いくらの醤油漬 「いくら醤」が プチプチにおいしく今年もできあがりました。長い旅を終えて戻ってきた鮭の卵を丁寧に、やさしくやさしく手でほぐし、山田屋自慢の特製醤油漬け込んだ逸品です。
山田屋の「いくら醤」は・・・
江戸時代後半から醤油製造を生業としている醸造の老舗です。山田屋の当主は昔から、秋、日本海の幸が豊富な新潟ならではの、鮭の卵「いくら」を醤油に漬けて魚臭を消し、新米を一層おいしく食べていました。この時期の新米に添えて、お世話になっている遠くの方々にお送りしていた「いくらの醤油漬」をゆずってほしいという数多くの願いから生まれたのが「いくら醤」です。
醤油屋の「いくら醤」です。
海の幸をより一層おいしくする香り豊でうまい醤油は言うまでもなく、宗田節から取っただし汁をブレンドすることでで塩分をずーっと低くすることで、いくらの豊かな味わいを引き立てます。
たとえば・・・
豪快いくら丼、手巻き寿司、大根おろしのトッピング等など・・・お口にいれるとふっととけるいくらをお楽しみください。

「甘えび糀づけ」●     250グラムビン詰め
日本海の幸プリプリ♪「甘えび糀づけ」♪酒の肴、あったかご飯にぴったりです。
新潟米の白い花咲く糀に、日本海の取れたて甘えびを漬けてえも言えぬ味わいにできあがりました。
山田屋は味噌屋です。
江戸時代後半から続く味噌屋の山田屋がなぜ?って・・・新潟の味噌は、味噌を造る時においしい米を糀にして熟成させます。真っ白な芳しい糀ができた時にこれを味噌の中だけに眠らせてしまうのはもったいない・・・新潟ならではの「あまえび」との出会いで生まれたのが「甘えび糀づけ」です。
あまえびとの出会い
日本海から上がったばかりの甘えびの皮をむきを山田屋の新潟米糀と漬け込んだ甘口の糀づけです。
プリプリでとろ〜り
仲間とわいわいパーティの酒の肴に、あったかご飯にのせたら、「おかわり、おかわり」の声が聞こえてきそう。

「数の子山海」●     250グラムビン詰め
新潟は銘酒の産地です。ということは、銘酒の酒粕が眠っているということ・・・。山田屋のご常連のお客様からのご要望で生まれた隠れた逸品です。
銘醸粕は
明言はできませんが誰もが知る新潟銘酒の酒粕を分けて頂いて作っています。
数の子タップリ
プチプチ、ゴロゴロの数の子がタップリです。食べるタイプの山海漬に仕上がっています。
(訪問販売法に基づく表示)
販売店及び商品に関するお問い合わせ先
販売店名
蔵元 山田屋
会社名
山田醸造株式会社
所在地
新潟県豊栄市葛塚3119
電話番号
025-387-2005
FAX番号
025-387-2135
電子メール
hana@e-misoya.com
ホームページ
http://www.e-misoya.com
¥6,615
カートへ入れる
お支払い方法:代引き 銀行振込
(振込の場合、ご入金確認後の発送となります。なお、10日以内にご入金の確認が出来ない場合は、キャンセルとさせていただきます。)

北越(ホクエツ)銀行 豊栄(トヨサカ)支店 普通 6941
山田醸造(ヤマダジョウゾウ)株式会社

返品等:商品の性質上(生物ですので)、お客様のご都合による交換・返品は、受付致し兼ねます。
配送途中での汚損や不良品、ご注文商品と異なる商品が届いたなど、当社の理由による場合、商品到着後 2日以内にご連絡下さい。

 
当サイトに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
美人モール受注センター TEL 025-265-1163 
E-mail bijin@nekonet.co.jp
Copyright BIJIN shopping online store All rights reserved.